ポケモン案

ポケモンの育成案です

フライゴン案 サイクルにはフライゴン

1つ目の案はフライゴンについてです。

マイナーの代表格ですからね ; ;

 

フライゴンを使う意味は2つ。

サイクル回しに適している」と「ガチで対策されない」です。

ガブリアスを出した時とフライゴンを出した時に、相手が取る行動は変わります(体感で)。

具体的にいうと、ガブリアス相手ならドラゴンをしっかりと受けきれるポケモンに変えるけど、フライゴン相手なら不一致のしょぼい目覚めるパワーなどで処理しようとしてくるということ。ここで他のポケモンに回して起点にすることもできるし、スカーフで奇襲することもできます。

 

 

ガブリアスフライゴンの比較

f:id:alcaround:20170104120120g:plain

ガブリアス すながくれ/鮫肌

H108 A130 B95 C80 D85 S102 計600

(メガガブリアス 砂の力)

H108 A170 B115 C120 D95 S92 計700

 

 

f:id:alcaround:20170104125855g:plain

フライゴン 浮遊

H80 A100 B80 C80 D80 S100 計520

 

種族値ではC以外負けていますね笑

さらにメガシンカもなし...

ただ、サイクルで重宝する浮遊という特性を持っています。

 

サイクルでは、電気無効の地面タイプ(避雷針・蓄電)と、地面無効の飛行タイプ(浮遊)が重要です。

さらに、ドラゴン・地面の複合タイプは、環境に多い毒タイプ、サブウェポンに多い炎・岩タイプを半減できます。

 

差別化としてよく挙げられる技は、

地割れ、馬鹿力、とんぼ返り、フェイント、爆音波、虫のさざめき、龍の舞(笑) など

(フライゴンで龍の舞をするなら、ガブリアスで剣の舞をするかスカーフを持たせるなどしたほうがいいと思いますけど...)

 

型紹介

  • 性格 意地っ張り
  • 努力値 A252 S140 → 余りでH116
  • 実数値 H170 A167 B100 C90 D100 S138
  • 持ち物 こだわりスカーフ
  • 技 とんぼ返り 地震 ストーンエッジ(仮) 馬鹿力

 

いろいろ言った割には普通のスカーフフライゴンです笑

 

Aは全振りでも火力が足りないので、あてにしてはいけません。あくまでもスカーフの奇襲と、弱点をついたピンポイントの処理です。

Sの調整は、実数値138とスカーフの1.5倍で207。抜ける相手は、最速135族(メガライボルトメガミミロップ)。抜けない相手は、最速龍の舞ボーマンダなど。

H116の振り方はもっと調整が必要かも。A252は弱点を突くことを前提としているので、もう少し削って耐久に振りたいと思っています。

性格を変えてCを調整すれば、ストーンエッジを大文字に変えていいかもしれません。

ちなみに、案を書いている今現在は逆鱗を覚えません。フライゴンでドラゴンを処理するは不安ですけど... 私はドラゴンを後出しカプレヒレで処理しています。(カプレヒレについて後で案を書くかも)

 

実際に運用する際は、初手で蜻蛉帰りすることが多いですね。前半でスカーフバレは絶対NGです。ドラゴン相手ならスカーフ逆鱗やスカーフとんぼ返りをせずに、安心して受けきれるポケモンに交換しましょう。他のポケモンで受けられない重い相手には、フライゴンを捨てる覚悟で攻撃します。基本的な役割はサイクル回しなので、捨てる時は捨てても大丈夫です。むしろ、フライゴンにしか相手にできないポケモンを作らないようなパーティにしましょう。

 

 

ダメージ計算

与ダメ

スカーフ持ちなので基本的に先制できます。

先制技を受ける際のダメージも計算します。

馬鹿力

H252 バンギラス 112%〜133.3%

H252 メガバンギラス 86.9%〜102.4%

H4 マニューラ 243.8%〜287.6%

(被ダメ A252 マニューラ 氷の礫 94.1%〜112.9%)

地震

H4 カプ・コケコ 123.2%〜145.2%

H252 アローラ ガラガラ 87.4%〜104.1%

H4 ウツロイド 304.8%〜358.9%

H252 B252 ジバコイル 131%〜155.9%

H252 メガゲンガー 112.5%〜134.1%

H4 メガメタグロス 73%〜85.8%

H252 アローラ ベトベトン 94.3%〜111.3%

H4 メガルカリオ 120.5%〜143.8%

(被ダメ A252 メガルカリオ 神速 35.2%〜41.7%、バレットパンチ 26.4%〜31.7%、 C252 真空波 25.2%〜30.5%)

 ストーンエッジ

H252 ファイアロー 149.1%〜177.2%

(被ダメ A252 ファイアロー ブレイブバード 53.5%〜63.5%)

 H252 バルジーナ 47%〜55.2%

(被ダメ バルジーナ イカサマ 52.9%〜62.3%)

H4 アローラ キュウコン 89.9%〜106%
H252 ペリッパー 63.4%〜75.4%

とんぼ返り

 

被ダメ

タイプ不一致のC実数値155まで、めざめるパワー氷 確定2

=C種族値135 無振り 性格補正なし

=C種族値103、努力値252、性格補正なし

=C種族値88、努力値252、性格補正あり

 

等倍で火力のある技を受けた際

A252 かたい爪 メガメタグロス コメットパンチ 76.4%〜90.5%

C252 メガゲンガー シャドーボール 60%〜70.5%

弱点を突かれなければ意外と耐えます。

 

 

フライゴンと相性のいい味方(一部のみ紹介)

鋼・フェアリーを中心に

(メガ)クチート

鋼/フェアリー

f:id:alcaround:20170104120537g:plain

フライゴンの苦手な氷、ドラゴン、(フェアリー)を受け、メガクチートの苦手な炎、地面をフライゴンが受けます。

フライゴンが作ったスキで剣の舞や身代わり、気合のパンチなどをするチャンスもあります。

サイクルの中で威嚇を入れられのもポイント。

 

(メガ)ハッサム

鋼/虫

f:id:alcaround:20170104120639g:plain

フライゴンの苦手な(略)

フライゴンが作ったスキで(略) 

ハッサムもとんぼ返りでサイクル回しできます。

 

カプ・レヒレ

フェアリー/水

タイプ相性とZ黒い霧でドラゴンを完全に受け、フェアリー技や冷凍ビームで処理出来ます。

また、ミストフィールドで耐久(状態異常)対策も出来ます。

積んだ相手にも後出しからZ黒い霧するチャンスがあるかも。

 

他にも、エアームド、テッカグヤ、メタグロスマリルリ、アシレーヌなど。

3体全員で弱点を補完するなら、鋼、炎、フェアリータイプ全般がおすすめです。

 

次回はカプレヒレについての案を書こうと思います。